キプロス留学の準備

留学までの流れ
留学を検討している方がキプロス英語留学をするまでの流れをご説明します。

 

STEP1 留学先の選定
ホームページを見て興味をもったら、まずは疑問点や詳細についてメールでご相談下さい。語学学校選定までの相談は、EmailかLINE、Messengerにて対応させていただきます。
Emailで学校パンフレット(PDF形式)をお送りすることも可能です。相談しながらじっくりご検討下さい。

 

STEP2 見積り請求をしましょう。
具体的に留学のイメージが湧いて来たら、今度は予算との相談です。複数の留学先で他の留学先との比較にも利用出来ます。
お問い合わせフォームから、下記の要領でお見積請求をお待ちしています。
当エージェントは各学校との信頼関係を確立している為、当エージェントをご利用される方は、学校に直接申し込むよりも確実に割引価格となります。

 

例)
見積希望
渡航予定期間:約3ヶ月
渡航予定時期:2018年4月頃
※ユーロでのお見積りとなります。この段階でのお見積もりは目安としてお考え下さい。

 

STEP3 具体的な留学プランを立てましょう。
見積りで留学にかかる費用が大体分かったら、次は具体的な留学プラン(授業内容・滞在先)を相談して決めていきましょう。
不安に思っている点や留学に対する希望など、留学するにあたって気になる点はお気軽にメールでご質問下さい。

 

STEP4 航空券を取得しましょう。
留学プランが決まり、気になる点がなくなったら、いよいよ具体的な手続きの開始です。航空券は留学生ご本人に取得して頂く必要がありますが、格安航空券の探し方等のサポートは出来ますので、お気軽にご相談下さい。
 
航空券は安いものからなくなっていくので、日程が決まり次第お早めに取得して下さい。(ご出発予定の3ヶ月前が目安)
航空券はキプロスに日曜日に着くようにおとりいただきます。
パスポートの有効期限の確認はお忘れなく。

 

step 5 申込書(願書)を記入し、留学準備をしましょう。
航空券をご購入後、申込書(願書)をPDF形式でお送りしますので、必要事項を記入の上、Emailにて記入済の申込書(願書)PDFを添付して当サイトまで送って頂きます。
申込書(願書)の書き方の詳細に関しては、個別にご説明いたします。
申込書(願書)が到着次第当サイトでは手配を開始し、約2〜4週間で手配内容を記載した書類をPDF形式でEmailにてお送り致します。
内容をご確認頂き、間違いがなければ、到着前1週間前までに留学費用をご入金頂きます。
支払い方法や支払期限は学校によって異なりますので個別にご説明いたします。お支払いの際、銀行手数料等の各種費用は、皆様方にご負担いただきますよう、宜しくお願い申し上げます。
入金確認後、入金確認書類(領収書)と入学許可証をお送りしますので、ご自身でプリントアウトし、渡航の際必ず持参してください。入国の際、税関で提示を求められる場合があります。

 

step 6 さあ、出発に向けて最終準備です。
さあ、ここまでくれば、あとは持ち物などの準備のみです。ホームステイをされる方はホームステイ先への高価なお土産は必要ありませんが、気持ちを表わす程度のお土産を用意するといいでしょう。
 
出発前には体調をしっかり整えておきましょう。特に、歯の治療は必ず済ませてから来ることをお勧めします。

 

step 7 いよいよキプロスに向けてご出発です。
国際線は出発の2時間前にチェックインする必要があるので、時間に気をつけて早めに空港へ到着できるようお気を付け下さい。
現地空港に到着しましたら、お名前を書いた紙を持ったタクシードライバーが空港出口で待っていて、滞在先までお送りします。
留学Cyprus.jpでは、現地生活中のトラブルや悩み事について、日本のカウンセラーとメールで相談する事も出来ますし、現地には日本人スタッフもおりますので、安心して留学生活を送る事ができます。

 

 
キプロス留学のビザ

 

ビザ名称 概要
ビザなし 3か月(90日)以内の滞在であれば、事前のビザ申請は不要
Temporary Residence Permit 3か月以上滞在する際は、入国後に国内の移民局で申請をする
キプロスの入国に際し、入国カードは不要です。日本国民はキプロス留学の期間が3か月以内であれば、事前にビザを申請する必要がありません。
入国時にパスポートの残存有効期間が3か月以上あれば、そのまま入国し滞在することができます。
通常は入国審査でパスポートを提示するだけで特に質問を受けることもなく、パスポートに90日までの滞在許可スタンプが捺されて入国できる場合が多いです。しかし口頭で入国目的や期間などの質問を受けることもあります。入国目的を聞かれた場合は、通常「Sightseeing and Studying English」と答えるのが妥当です。観光ビザでの入国をしたにも関わらず、Studying Englishとだけ言うと、審査官によっては色々な書類の提示を求めてきたりする場合があります。
 
場合によっては、入学許可証、語学学校支払いの領収書、帰国航空券、銀行の残高証明(20万(€1500)以上をお勧めします)などの提示を求められることもあります。
 
留学Cyprus.jpは、入国手続に関してもアドバイスさせていただきますが、最終的には個別審査の問題ですので、万が一入国拒否等のトラブルが生じても、留学Cyprus.jpが責任を負うことはできません。
 
留学期間が3か月を超える予定であっても、事前の学生ビザ取得は不要で、入国してからキプロス国内の移民局で滞在許可(外国人登録手続き)を申請することになります。
 
語学留学であれば入学許可証のコピーや滞在計画書などが必要ですが、必要書類や申請書は、各語学校が用意し、日本人スタッフも一緒にサポートするので安心です。日本人の場合は、イミグレーション・オフィスへ出向いて延長手続きを取れば、通常は簡単に滞在延長の許可がもらえます。
 
3か月以上留学予定の方は、事前の必要書類等を個別に詳しくご案内いたしますのでまで留学Cyprus.jpまでお問い合わせください。

 

またキプロスに3ヶ月以上滞在予定の場合、在キプロス日本大使館へ在留届を提出して下さい。今まではギリシャのアテネにある在ギリシャ日本大使館がキプロスも管轄していましたが、2018年よりキプロスの首都ニコシアに在キプロス日本大使館が設立されました。しかし在留届については大使館に直接出向かなくても、インターネット(電子在留届)でも簡単に行うことができます。
 
在キプロス日本国大使館

Cyprus
Embassy of Japan
73 Metochiou Street, 2407 Nicosia, Cyprus

電話:+357-22-503804
Fax:+357-22-503780
http://www.gr.emb-japan.go.jp/portal/jp/cyprus/index.htm別ウィンドウで開く

 

キプロス留学の保険
キプロスに入国してからキプロスの移民局に滞在許可を申請する際には、滞在期間をカバーする海外旅行保険の証明書類が必要です。3か月以内の滞在であれば必ず用意しなければならないというわけではありませんが、留学期間中に何が起きても大丈夫なように保険に加入しておくと安心です。
 
クレジットカード付帯の海外保険が利用できることもあるので、クレジットカードをお持ちの方は条件等を確認しておきましょう。
 
キプロスで病院にかかりたい場合は、国立病院を利用すれば診療科によりますが€15~€30で利用することができます。私立病院やクリニックを利用する場合は診療科や診療内容によりますが、大抵€50ほどです。

 

キプロス留学の費用

 

キプロス留学で必要な費用の目安
留学期間 費用の目安
1か月 25~40万円
3か月 70~115万円
半年 130~175万円
1年間 190~240万円
キプロス留学で必要な費用の目安は、学費と滞在費を合わせて一か月25~40万円ほどです。
こちらは滞在方法をビーチに近いプール付き学生用アパートメントホテルのシングルルームで計算したものですが、滞在方法を違う学生とシェアするツインルームにしたり、ホームステイや、ドミトリーにしたりすることによってさらに費用を抑えることも可能です。
キプロス留学は、季節によって費用が大きく異なります。キプロスはヨーロッパ人に人気のビーチリゾートなので、夏季はヨーロッパ中から観光客が集まります。その為、夏季は語学学校の費用や滞在費が割高になります。
 
できるだけ安いほうがよいという方は、シーズンオフの時期を狙って留学するとお得です。キプロスはビーチリゾートというだけではなく、世界遺産をはじめ沢山の観光見どころがあり文化行事も多いので、夏季以外でも十分滞在を楽しめると思います。

 

キプロス留学で必要な費用の内訳
留学費用の種類 費用の目安 お得な情報
学費(1か月) 9~13万円 オフシーズンを選ぶことで費用を抑えられる。長期になると割引がある。
滞在費(1か月) 5~20万円 ホームステイ、シェアルームやドミトリーを利用すると安くなります。
交通費(1か月) 2~5万円 学校や滞在先により費用が異なります。
生活費(1か月) 2~5万円 野菜などの食材の物価は日本より安いので自炊をすれば安くなります。
キプロスの語学学校はすべて夏季のハイシーズンとそれ以外のオフシーズンで学費が異なります。学校によって差はありますが夏と冬だと一か月で約2万5千円程変わってきます。
キプロスでの滞在方法は、学生アパートや学生アパートメントホテル(シングルルームとシェアルームあり)、ホステルのドミトリールーム、ホームステイといった方法があります。
 
アパートメントホテルは大抵プール付きでありビーチまで徒歩圏である為、リゾート気分が味わえます。また、バケーションを兼ねて思い切ってリゾートホテルに滞在するというのもお勧めです。
 
一週間当たりの滞在費の目安はというと、これも学校によって異なりますが、大体以下のようになります。

 

 

★学生アパート(シングルルーム):2万5千円~4万5千円

       (シェアツインルーム):1万5千円~2万5千円 

 

 

★プール付き学生アパートメントホテル(シングルルーム):2万5千円~5万円

                  (シェアツインルーム):2万円~3万円

 

★ホステルのドミトリールーム:1万円

 

★ホームステイ(朝食のみ):1万5千円~2万円

       (2食付き):2万円~2万5千円

 

 

価格帯に幅があるのは、夏季と冬季で価格が違うからです。
キプロスの交通手段は、電車や地下鉄がないのでバスのみになります。市内のバスの運賃は一区間€1.5(約200円)です。各都市間の中距離バスは、€4~€9です。
 
例:
リマソル⇔パフォス  片道€4
リマソル⇔ニコシア  片道€5
 
滞在先から学校までは大抵無料または有料のシャトルバスが出ています。学校や滞在先によりシャトルバスの費用は異なります。滞在先は大抵ビーチやカフェ、レストラン、バー、ナイトクラブ、スーパー、ショップまで徒歩圏なのでバスを使わなくても不自由なく生活を楽しめます。(ビーチから徒歩圏内でない滞在先もありますので、ビーチから近い滞在先をご希望の方はその旨をお伝えください。予算に合わせてご紹介いたします。)

 

キプロスでの生活費は日本に比べると安いです。日本より物価が安いので自炊する場合はかなり費用を抑えることができます。野菜や果物は特に安いです。また、ワインやビールも日本より安いので、お酒好きな人はスーパーで買って飲むとレストランやバーで飲むよりもかなり安くあがります。キプロスはワインの生産が盛んなため、安くて美味しいワインが豊富に売られています。
工夫をすれば、経済的な留学生活も送ることができます。
 
魅力の詰まったキプロスで実り多き留学を
小さな島ながら、綺麗な海や世界遺産など見どころ満載のキプロス。
留学先としては日本やアジアではまだ知名度が低いですが、そのため日本人も少なく、治安も良いので勉強する環境としてとても優れています。色々な国籍の留学生からの刺激も受けつつ、海外生活を満喫できること間違いなしです。
 
英語をしっかり学びたいという方はもちろん、英語以外にもいろいろなアクティビティーを楽しみたいという方、地中海のビーチリゾートでの海外生活をエンジョイしたいという方まで、キプロスに英語語学留学をしたいという方は、ぜひお問い合わせフォームから詳細情報をお問い合わせください。

 

Loading...