Warning: Use of undefined constant COOKIEPATH - assumed 'COOKIEPATH' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/ryugaku-cyprus/www/wp/wp-content/plugins/usc-e-shop/classes/usceshop.class.php on line 194
 世界のリゾート留学を比較 | 留学Cyprus.jp

世界のリゾート留学を比較

世界のリゾート留学地を比較して表にしてみました。


※あくまでも目安ですので、各学校や、時期、個人の滞在先の選択や生活の仕方により費用は変わってきます。

 

ハワイ

日本人に人気であり、定番のビーチリゾート、ハワイ。
ハワイには日系人や日本人が多く、日本人に対して好意的な方が多いです。東南アジアのリゾート地やフィジーに比べ、治安・衛生面で確保されていること、何かあった場合でも日本語で対応できる場合が多いことは、初めて留学する方は特に安心だと思います。
デメリットは、物価が日本と変わらないため、交通費、食費、交際費でそれなりにお金がかかることです。また日本人はどの語学学校にも多いようですので、英語だけ話したい方は流されないように注意すべきです。

 

セブ

日本から4時間半程度ということでとても近く、時差があまりないので短期留学でも時差ぼけの心配がありません。
また、日本に比べると物価がとても安いので生活費が安く済むことが魅力です。
デメリットは学校に日本人が多いので、日本語を使う機会が必然と多くなること。ローカルフィリピン人講師陣はフィリピン訛りの英語を話すことが多いという点です。
また、ネイティブ欧米人がセブ島自体に少なく、街中でも欧米人と会話することが難しいと言えます。
他の大きなデメリットとしては、ハワイ、キプロス、マルタに比べると、衛生面や治安面で気をつけなければいけない点です。
キプロス
世界のリゾート留学地の中で一番日本人が少なく、隣国マルタに比べても断然日本人が少ないと言えます。そのため日本人がいない環境で英語を学びたい方にはぴったりです。
通っている留学生は、アジア人自体が少なく、ヨーロッパ人が殆どを占める為、ヨーロッパ人の友達を作りやすいはずです。
ローカルキプロス人は、マルタ訛りに似たキプロス訛りの英語を話しますが、キプロスにはイギリス人やイギリス系キプロス人が多く、英語学校の講師陣は全てイギリス系キプロス人なので、訛りのない綺麗なネイティブイギリス式英語が学べます。
キプロスは、ヨーロッパ人に人気の観光地で、毎年300万人の観光客のうち100万人がイギリス人観光客であるというくらい、イギリス人が多く、小さな国でありながらイギリス人永住者が6万人もいるという環境なので、日常生活でイギリス式英語に触れたり、練習する機会もたくさんあります。
キプロスのビーチは、リゾート留学としてここに挙げた7箇所の中で唯一、「2017年:世界のベストビーチ25(Trip Adviser)」に入っています。
デメリットは、日本からの距離です。日本からキプロスまでは直行便がなく、安く渡航出来る航空券は片道20時間以上かかる場合も少なくありません。
また、語学学校は隣国マルタや他のリゾート留学地に比べても少ないので、学校の選択肢が少ないです。留学費は他のアジアへの留学と比べて高くなります。
渡航時間や予算よりも欧米人との環境を重視する方にはキプロスは良い留学先です。
キプロスからヨーロッパ各国への格安航空便(日本の国内線より安い)が多数出ているので、留学後にそのままヨーロッパを旅する方などにも向いているかもしれません。
マルタ

日本人が他の留学先に比べて少ないので、日本人がいない環境で英語を学びたい方にはぴったりです。といっても、最近は日本人が増加傾向にあると聞きます。
通っている留学生は多国籍なので、アジア以外の友達も作りやすいはずです。
学校の中には、学校の敷地内に学生寮やプールがあるところもあり魅力的です。
治安は、ここに挙げている7箇所のリゾート留学地の中でキプロスと並び一番良いと言えます。衛生面でも、他のアジアの国々やフィジーよりは安心です。
マルタからもヨーロッパ各国への格安航空便(日本の国内線より安い)が多数出ているので、留学後にそのままヨーロッパを旅する方などにも向いています。
デメリットは、キプロスと同じく日本から直行便がないことと、日本からの距離です。日本からマルタ島までは最低でも片道15時間は飛行機に乗ります。安く渡航出来る航空券は片道20時間以上かかります。
また、留学費は他のアジアへの留学と比べて高くなります。
マルタの語学学校講師は、多少マルタ訛りがあります。しかし、イギリス系マルタ人などイギリス式英語を話す講師もいます。

 

バリ

ハワイと同じく日本人から非常に人気のある観光地。
どうせバリに行くんだったら、観光だけでなく英語勉強も!という方にお勧めです。
物価が安いので、生活費が安く済みます。
デメリットは、講師陣の質が低いこと。ローカルインドネシア人の英語講師初心者が多く、発音もインドネシア訛りで、あまり上手とは言えないと聞きます。
しかし、バリという観光地を楽しみながら発音を重視せず英会話も学ぼうという感覚であれば、英語初心者がビギナー英語を学び英語に親しむのには十分だと思います。
当然のことですが、日本人生徒が多いので、英語だけ話したい人は、流されないように注意が必要です。
また、衛生面や治安面でも注意が必要です。
プーケット

日本からプーケットまでは直行便が無い為、10時間程度かかります。
語学学校の講師の国籍は、アメリカ、イギリス、オーストラリアなどの欧米諸国のネイティブ英語スピーカーなので、綺麗な発音の英語が学べます。
ローカルタイ人は英語を話さないか、話してもタイ訛りがありますが、プーケットは欧米人に人気の観光地として欧米人が多いので、欧米人観光客と英会話の練習をする機会があります。
しかし、こちらも日本人生徒が多いので、英語だけ話したい方は流されないように注意すべきです。
プーケットの語学学校は他のリゾート留学地に比べて少ないので、学校の選択肢が少ないのもデメリットです。
また、衛生面や治安面でも注意が必要です。
フィジー

日本からは直行便がないため、15時間前後かかるようです。
フィジーは他のリゾート留学地と違い、都市として栄えているわけではない分、リゾート地らしくゆったりとした時間を過ごすことができます。また、物価が安いところもメリットです。
デメリットは、講師陣のレベルが低い点です。ローカルフィジー人講師の英語力、指導力の平均レベルにやや疑問を感じる人が多いようです。
また、語学学校は韓国人経営の語学学校と、日本人経営の英語学校のみであり、韓国人経営の英語学校は、生徒はほぼ全員韓国人、日本人経営の英語学校では、生徒はほぼ全員日本人であると聞きますので、日本人が多い環境で流されないように注意が必要です。
東南アジア諸国同様、治安や衛生面では注意が必要です。

まとめ
ネイティブ英語スピーカー講師→
  ハワイ留学、キプロス留学、プーケット留学
リーズナブル→
  セブ島留学、バリ島留学
一緒に留学している欧米人の友達を作る→
  キプロス留学、マルタ留学
欧米人の観光客と友達になる→
  キプロス留学、マルタ留学、プーケット留学
静かでのんびりした環境での留学→
  フィジー留学
治安や衛生環境を最優先→
  キプロス留学、マルタ留学、ハワイ留学
Loading...